Entries

生き残る殿

殿って言葉が割りと好きで(*´艸`*)
あ、ちなみに後退する軍の最後尾の人たちの方ね。(´ω`)
背水の陣と違って守るべきものを背負う訳だから、敵を引き付け、
さらにある程度、状況が変わるまでまで退却や逃走の選択肢はない。
自らの命と引き換えにというパターンも多くあっただろうと思う。
それはそれで勇猛な武将であることを疑う余地はないが、もしその人が無事に主君の下に帰ればさらに評価される。

さて現代において例えば会社がピンチになったとき、私は殿を務められるだろうか。
通常の人ならそこから逃げたり、他に任せたりするだろう。
そっちの方が健全だろうと思うしね(*´艸`*)
だけどその場所が生きたいと定めた場所で、その組織を守りたいと思えば殿を務めるのが良いと思うんだ。

守るべきものを守るためにはどうするべきか。
もちろん特攻で相手の目を引き付けるって手は十分にあり得る。
と言うか社会人になって数年間くらいの私ならそれを選んだかもしれない。
自暴自棄だったしどうにでもなれと思ってたから。
今もその気はあるけど。
だけどどうせなら生きてた方が面白い。
純粋に選択肢が増えて動けるからだ。
では守りながら生きるためにはどうするか。
相手をよく観察し、取れる手を吟味する。
そうしてるとね、ふと突破口って見えるんだ。
そうやってピンチを抜けた人間は強い。
するべき苦労があるならこういうことじゃないかな?

もっとも、既存の会社が次々とピンチに陥ってもらったら困るけど…
規模の小さな困難は日々起こってるものだよね。
誰かが処理してるんだろうけどさ。

関係ないけど、今、世界の経済が大混乱中で、それでもなんとかしようと奮闘してる人たちがいるのを思ってたら、そんなことを思った今日このごろ。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

百代 月日

Author:百代 月日
【概略】
某大学院修了。
バツイチ子持ちの嫁と結婚。
正社員3社
アルバイト3社?
派遣社員3社経験する。
人に教える職業に就いてた期間の方が長いと思いたいと思いつつ車を洗う派遣社員です。

とりあえず、選択肢を増やしましょ♪
読んで下さった方の選択肢が増えますように(´人`)

【友人からの評価】
「なんで(いつまで)そこ(そのポジション)にいるん?」
え…そんなこと言われましても…Σ(´∀`;)

【趣味】
FX
心理学
自己啓発
読書

ちなみに動物占いは順応性のある狼です。
ペガサスに遭遇すること多いです。
まぁ、人生は楽しいですb

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア