Entries

スタグフレーションてこう言うことか(´ω`)

むかしむかしあると…ちゃう。
まぁ記憶を一生懸命学生時代に戻す訳だが…
インフレ・デフレの説明はわかったんだ。

インフレーションは景気がいい状態。
新しい会社も生まれ、企業は人が欲しいから、高い給料で雇ったり賃金を上げたりする。
家計にもお金が入るから個人もお金を使うようになる。
物価は少し高くてもモノが購入されるから自然と上がる。
※同じ売るなら少しでも利益多い方がいいものね(´ω`)b
そして企業に入るお金が増えるとまた給料が上がるとこう言う循環ができる状態。
企業、家計、物価がそれぞれ大きくお金を回す状態だよね。

反対にデフレーションは景気が悪い状態。
企業は倒産や業務縮小になり、人員整理の名目で人を解雇したり減給したりする。
家計に入ってくるお金が減るからもちろん購入するものもより安いもの、我慢が続く。
物価は安いものを最低限でしか売れないので自然と下がる。
そして企業にさらにお金が入らなくなり、また家計への分配が減る。
企業、家計、物価がお金を回せない状態だね。

子どもにしてみれば、小遣い上がって好きなものが買えるのがインフレ。
お小遣いが減って好きなもの我慢しなきゃいけないのがデフレ。
そこまではわかったんだ。

じゃぁスタグフレーションってなんだって言う問題。
説明は「デフレ状況下で、物価高」。
ん?
どういう状況よ?Σ(´∀`;)
んで今回みたいな危機的な状況で考えるとこれわかってしまった。
まず基本的な状況はデフレなので仕事がない状態で、給与も低い。
家計への入りも悪い状況だ。
そんな中で意図的にあるものの買い占めが起こるとどうなるか?
特にそのあるものが生活必需品だったら?
まずは品薄の状態や他の人が大量に買う状態を見る。
集団心理が働いて、同じ行動をとる人が出る。
結果本当にあるものが店頭から消える。
そこで消費者は少し高くても売っている所から買わざるをえない。
選択肢がない状態だ。
生活を支えるものの値段が上がってしまう。
これが「デフレ状況下で、物価高」になる一つの要因ではないか?
また文字通り生活必需品がないパターンもある。
かつて起こった飢饉は好例だと思う。
日本ではそこで商人が“買い占め”を行った。
結果がどうなったか?打ち壊しが起こったのではないか。

さてと混乱は人の行動を変える。
混乱が早く収まることを祈るばかり(´人`)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

百代 月日

Author:百代 月日
【概略】
某大学院修了。
バツイチ子持ちの嫁と結婚。
正社員3社
アルバイト3社?
派遣社員3社経験する。
人に教える職業に就いてた期間の方が長いと思いたいと思いつつ車を洗う派遣社員です。

とりあえず、選択肢を増やしましょ♪
読んで下さった方の選択肢が増えますように(´人`)

【友人からの評価】
「なんで(いつまで)そこ(そのポジション)にいるん?」
え…そんなこと言われましても…Σ(´∀`;)

【趣味】
FX
心理学
自己啓発
読書

ちなみに動物占いは順応性のある狼です。
ペガサスに遭遇すること多いです。
まぁ、人生は楽しいですb

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア